ラブドールの膣とて千差万別

投稿者 : ベルドール東京 on

リアル夫婦の場合、性格の不一致という言葉があるように、夜の性生活の相性は夫婦生活において長きにわたりパートナーとして生活していくことが出来るか重要な部分でもあります。

ラブドールとの夫婦生活においても同様のことが言えるのではないでしょうか。結婚する前に同棲生活でお互いの相性を確かめてみたりなんてこともありますよね。

現実問題としてリアルラブドールの膣は、お迎えする前に多くの人が気にする問題です。

そこで我々ベルドール東京・パイパードール・2019モデルDollhouse168・グランドール・ストロベリーキッスでは、膣の柔らかさは勿論のこと、おおむねのモデルに2つの膣オプションつまり分離型膣と内蔵型膣の挿入可能な膣をご用意しております。

そしていくつかのモデルには非貫通の処女幕を持ったバージン膣タイプもご用意させていただいております。

初めてお迎えされる貴殿にとっては悩ましい問題で有るかも知れません。

 

それではそれぞれの膣モデルの解説をしていきましょう。

まず、大きく分けて2つの膣タイプがあり一つ目は脱着式と言われる分離型です。

多くのラブドールで採用されているもので、利点としては膣部分(オナホール)が外せるためプレイ後にオナホール部分のみを外して単体で洗浄できるので、手軽に膣部分を清潔に保てるという利点があります。

欠点としては挿入時に膣部分がずれてしまって違和感を覚えるとの意見もあります。

次に一体型と言われる内蔵型です。分離型派と意見が分かれるところですが、利点としては何といってもラブドールの内蔵膣となっているので挿入感がまるで生身の人間とエッチしているような妄想おも思わせるような一体感を味わえるということです。

欠点としてはクライマックス後の膣洗浄の問題で30キロ以上あるラブドール本体をお風呂場などに運んでの清掃が必要であるということです。

一体型においては非貫通の膣を持ったバージンモデルも好評です。処女膜を貫通する儀式は男性にとってお迎えした証として初夜を共にする大きなイベント事にもなります。

いずれの膣にするかは大いに迷うところではありますが、ラブドール膣の素材についてもその素晴らしさをお伝えしなくてはなりません。

ベルドール東京で扱うTPEエラストマー素材のラブドールはとても安全性の高い熱可塑性エラストマー(熱可塑性エラストマーとは熱可塑性で成型加工可能で常温でゴム弾性を持つ材料のこと)を使用しており、同じ素材は医療用エラストマーとして人工材料としても使用されているものです。

その膣は人間の肌のように感じ、外観も含めて本物の膣を感じさせる柔らかい素材です。

膣の深さは18cm程度と十分な奥行きを持って成形されております。脱着式の膣の場合は市販のオナホールを装着することにより無限のパターンの装着感を味わう事も可能なようです。

装着可能なオナホールについてはラブドールマニアの方のブログ等に記載されている場合もございますので検索していただければと思います。

余談にはなりますが、これから寒くなり人肌が恋しくなる季節となりますが、残念ながらラブドールに体温はございません。

ラブドールとの熱いひと時の前には電気毛布などで先にパートナーをお布団で温めてから床を共にするなどの工夫も必要なのかもしれません。

一戦を交えるのであればUSB式の膣ウオーマーも市販されておりますので合わせてご用意されてはいかがでしょうか。

もしあれこれ迷われて、お迎えを考えておられましたたら弊社ベルドール東京のドールコンシェルジェに何なりとご相談ください。

ベルドール東京公式LINE@もございますし、メールでの相談は勿論の事、電話でのご相談もお受けしております。

素材等の質感を触って確かめたい場合にはサンプルも弊社にご用意してございますのでメール・電話等でお問い合わせください。

本日はラブドールの膣について書いてまいりましたが、最愛のパートナーとの秋の夜長の楽しみ方の指南となれば幸いでございます。