シリコンドールとTPEドールはどう違うの?

投稿者 : ベルドール東京 on

シリコンドールとTPEドールはどう違うの?

ラブドール(リアルドール)には材質の違いでシリコンドール、TPEドールと大きく2つの呼び方があるのですが、その成り立ちから説明したいと思います。

ラブドール(リアルドール)はその進化の過程でまずシリコンを皮膚に使ったドールがアメリカの某メーカーにより誕生し、その後日本のメーカーも含めて色んな角度から改善が行われてきました。

シリコンという素材は一般的な高分子の素材であり我々の日常生活でも頻繁に目にするような古くから存在する素材のひとつです。意識して使っているかどうかの問題で例えばキッチンで使う道具、水回りや家電商品の中にはパッキン類として多く採用されており、熱硬化性という特性をもったものです。これは非常に耐熱性に優れ、耐摩耗性、伸び性にも優れた特性を持っています。ところが熱で硬化させてそのあとに加硫処理をするのですが、硬度の調整はできるもののある一定の硬さ以上になってしまいます。この状態で皮膚の素材として使うことはできません。

そこで開発されたのは、硬度0と言われる常温(室温)硬化性シリコンです。硬度0とは硬度計で測定できないレベルの硬さという意味で、従来のシリコン商品はその硬さをその用途に合わせて設定していたのでその品質の基準としてきた名残です。

ドールの皮膚として使うには硬度0以下になってやっと生身の皮膚の感覚に近づいてくるわけですが、産業の発展と技術の発達には正比例の関係がありシリコン全体の需要における硬度0の市場の割合が少ないため、なかなか開発が進まないという事情が存在しました。

そこに登場したのが熱可塑性エラストマーと呼ばれるTPEという素材です。TPEは高熱で溶解するので溶けたTPEを型に流し込んで、成型し、冷却するといった工程を経て製造します。

聞きなれない名称であるため、最近開発された新素材のように思っている方も多くいるのですが、実はこの素材古くからオナホールに使われていました。男性の敏感な部分を挿入して使うアダルト商品であるため、求められるのはその柔らかさと吸い付くような感触です。TPEはこのオナホールの素材として採用された事から研究開発が進められ、シリコンに代わる素材としてラブドールの皮膚に使う用途としても研究が進み、現在となってはラブドールの皮膚に使う材料として2大素材として定着していったのです。

 

このことはユーザーにとって大変好都合なことなのです。

2つの素材があるという事はお互いの業界が切磋琢磨し、競争するという事で技術開発が進みより良い商品となっていくことです。

ここで2つの素材(シリコンとTPE)の特徴を比較しご紹介します。

柔らかさ 臭い 伸び性 耐久性 コスト
シリコン
TPE

 

どちらも一長一短があるのでどちらが優れていると言い切れないほど、2つの素材が競合する中で改善されてきたかという事だとおもいます。

表には現れていない項目では、例えばメイクについて言及するとシリコンドールのメイクは専用塗料で着色し硬化しているので洗っても取れません。ところがTPEでは通常のメイク道具でメイクしてあるので、気分や季節で何度でもお好みで再メイクが可能です。

自分だけのオリジナルメイクを楽しむ事ができます。メリットもデメリットも個人の好みで逆になるのでどちらが良いとは言い切れない部分です。

またポージングという点ではシリコンドールにはNGのポーズがあり、それをすると裂けてしまうという問題があります。その点TPEではポージングの幅が広いので注意点は少なくなる。というメリットがあります。ただ、ドールを撮影して楽しむとかの趣味がない場合、ポージングの問題は大きな問題ではなくなるので、これも個人の好みや楽しみ方により違ってくるので一概には言い切れない問題です。

要は自分の好みと趣味に合った娘を見つける事が一番大切なことだと思うのです。