ウィッグのお手入れのおはなし

投稿者 : 仔ドラ on

がおー(「゚Д゚)「
前回アップしたウィッグアレンジのおはなし:ツインテール編が他の記事を圧倒する勢いで読まれていて戦慄を隠せない仔ドラさんです。
まぁ仔ドラさんの書いた記事は総じて、従来の記事の軽く3~4倍は読まれてるんですがね!
その一方で、Twitterの個人アカウントを設立して以来、ご意見ご質問ご感想をそっちに頂くことが増えて、コメントがめっきり無くなってしまいました。
………(´・ω・`)

みんなもっと仔ドラのアカウントフォローすればいいと思うよ!(「゚Д゚)「

と、あまり個人の宣伝してると怒られるので、ほどほどにしておきましょう。

さて、今回は前回の記事からウィッグつながりで、日常的なお手入れの方法を綴っていこうと思います。
実は意外と聞かれるのですよこれ……(´・ω・`)

お手入れとは言ってますが、『買ったばかりの新品のウィッグ』にも施せる方法ですので、すでにラブドールをお迎えしてる方も、これからお迎えする方も、コスプレ趣味の方も、ウィッグに性欲を持て余す方も、ぜひご一読ください。
なお、今回は解説のための写真の量が多いのでご注意ください。
これでも削ったんやで……?(´・ω・`)





はい、というわけで今回ご用意したウィッグはこちら。だいぶ長い事、うちのサンプルの子が付けてたウィッグです。

ご覧の通り、頭頂部付近はだいぶマシですが、毛先が派手に絡まりまくってボッサボサです。ロングウィッグあるある。
加えて、絡まりだけでなく細かなゴミなども多数付着しています。写真で見えないけど触るとわかる手入れの出来てなさ(;゚Д゚)
こいつを綺麗にするために用意した物がこちら。

【用意する物】
・ウィッグ(これを用いず何を手入れするのか)
・シャンプー(人間用)
・コンディショナー(人間用。なくてもいい)
・衣類用柔軟剤(シリコン入りの物があればなおよし)
※昨今は柔軟剤もシャンプーコンディショナーもノンシリコン系がもてはやされてますが、ウィッグに対してはむしろシリコン入りの物の方が相性がいいので、手に入るならそちらをおススメします。
・大きめの容器(タライ、洗面器、鍋など)
・タオル(大きめの物が望ましい)
・ウィッグスタンド
・ウィッグブラシ(後述のシリコンスプレーを使う場合は専用の物を用意)
・シリコンスプレー(コスパ重視ならこちら。ウィッグスプレーでも加)
・ハサミ(非常用)
・くじけぬこころ

最後のやつ特に重要だからね!!

というわけで、話を先に進めましょう。
なお、作業を始める前に出来るだけウィッグを綺麗に梳かしておくと、あとあと楽になります。


【工程その1:洗浄】(新品のウィッグの場合、この工程はスルーしてください)
まずは大きめ容器に水(またはぬるま湯)をたっぷり入れます。
今回は某大型百円均一のDAIS〇で300円で売ってた食器洗いカゴ用の水受け容器を用意しました。
洗面器小さいのしかなかったんや…(´・ω・`)
ちなみに、入れるのは必ず水かぬるま湯にしてください。
冬場はつらいかもしれませんが安いウィッグの大半は耐熱処理が施されていない為、熱いお湯は劣化の原因になります。
この水の中に、シャンプー3プッシュ&コンディショナー1プッシュを溶かします。
量はあくまで目安なので、ウィッグの長さや汚れ具合に合わせて変えてください。

なお、仔ドラはめんどくさがりなので、まとめてプッシュしてまとめて溶かします。個別の方が溶かしやすいので、そこはお好みで。
今回は水を使ってるので、(特に)コンディショナーが溶けにくいですが根気よく溶かします。溶けきってない塊を放置すると、ウィッグに絡みついて取れなくなります。
かき混ぜる事約1時間……( ゚Д゚)

綺麗に溶けました。所要時間は約2分ぐらいです。
……いやほら。ネタ交えないと読むのつらいやん?(´・ω・`)
はい、というわけでこの溶液に……

大胆かつ慎重にウィッグを投入します。

さて、ウィッグを溶液に沈め、ここから洗っていくわけですが……。
まかり間違っても、人間の髪のようにわっしゃわっしゃ洗ってはいけません。
絡みついて大変なことになります(((;゚Д゚)))ヒィッ

ではどうやって洗うか?写真付きで見ていきましょう。

・その1:手櫛

別に写真いらない気がする!( ゚Д゚)
というわけで、表題の通りです。溶液の中で、ウィッグの毛に手櫛でシャンプーをなじませてあげるように洗います。
絡まってて手櫛の通らない部分は無理せずそのままにしておきます。無理するとちぎれや抜け毛の原因になります。

・その2:押し洗い

これも別に写真(ry
こちらも表題の通り、上からウィッグを何度も押さえるようにして洗います。力はあまり入れなくて大丈夫です。上から下へ溶液を混ぜるようなイメージでウィッグを押してやります。
手櫛がまともに通らないほど絡まったウィッグはこっちのほうが安全です。

・その3:放置
もはや洗い方ですらないじゃねぇか!!(#゚Д゚)
洗うのめんどくさいとか時間ないって人は漬けたまま30分ぐらい放置してください。割と汚れは落ちます。


というわけで、洗い終わって引っ張り出したものがこちら。

洗う前より絡まってんじゃねぇかとかいうツッコミは受け付けません。
ぬ、濡れてるからそう見えるだけだし…(;゚Д゚)
ウィッグを引っ張り出した後は、溶液を捨てて容器をしっかり水洗いし、新しく水を張ります。
新しく張った水の中に取り出したウィッグを入れて、シャンプーの泡をしっかり洗い流してください。
だいたい一発で落ちますが、落ちないときは数回に分けて水を交換します。
根気よくがんばってください(`・ω・´)


【工程その2:薬漬け】(新品のウィッグの場合はここからスタートしてください)
タイトルがひどい!!( ゚Д゚)
とまぁ、タイトルはさておき、この工程ではウィッグを柔軟剤に漬け込みます。
先ほどウィッグを洗った容器を綺麗にして、ウィッグが綺麗に浸かる程度の量の水(またはぬるま湯)を張ります。
ここに衣類用柔軟剤を、約キャップ一杯分投入します。これもウィッグの状態によって量を変えてください。
 

がんばれ表面張力!!(「゚Д゚)「

はい。今回はなかなかに状態がアレだったので、柔軟剤をかなり増量しています。ご了承ください(´・ω・`)
というわけで、この柔軟剤も綺麗に水に溶かす必要があるわけですが……。
肌の弱い人は素手で柔軟剤を混ぜないでください。手袋の着用か、割りばしなどで手を触れずに混ぜてください。肌荒れの原因になります。

仔ドラの前足は強靭な鱗に守られてるので、気にせず素手で混ぜます。混ぜました(「゚Д゚)「
こうしてできた柔軟剤の薬液にウィッグをしっかり浸します。より浸透させたい人は、薬液の中で揉み洗いしてください。
そして放置する事約2時間。
………(;゚Д゚)
…………今回はネタじゃないよ!( ゚Д゚)
冗談抜きに、1~2時間ほど放置します。何なら一晩放置するという手もあります。
というわけで、取り出しました

相変わらず絡まってるように見えますが(ry

取り出したウィッグをしっかりすすぎます。今回は水に漬けなくても、シャワーなどの流水で大丈夫です。
すすいだら毛先がちょっとマシに見えるね!( ゚Д゚)キノセイ?

ここからウィッグを乾かすわけですが、このままだと色々なものが水浸しになってしまうので、水気を切ります。
とはいえ、雑巾のように絞ると大変なことにしかならないのでやらないでください。
振りじゃなからね?(´・ω・`)
絞り方はまずウィッグを裏返して……

上から順に握力で絞ります(「゚Д゚)「

なお、絞りながら撮影してるので写真は前足一本でやってますが、実際は両手で丁寧にやってあげてください。
また、素手で絞るよりもタオルを巻きつけて絞ってあげると、より簡単に水気が取れます。

こんな感じ。これも前足一本で巻いて撮影してるので、実際には両手で丁寧に巻いて(ry


【工程その3:乾燥】
というわけで、水気を切り終わったものがこちらです。

最初よりむしろ悪化してるじゃねぇか!(#゚Д゚)
って思う方がいるかもしれませんが、洗った直後はこんなもんです。この後の工程で綺麗にします。
さて、こんなにボサボサだとすぐにブラシで溶かしたくなるかもしれませんが我慢してください。
濡れたままのウィッグを梳かすと、ちぎれや抜けの原因になります
乾燥は直射日光を避けてタオルなどに包んで放置するのが一番ですが、お急ぎの方はドライヤーを低温設定で使うという手もあります。
ただし、耐熱処理されてないウィッグの場合痛む可能性もあるので慎重にやってください(´・ω・`)
また、真夏なら風通しのいい日陰に置いておけば2~3時間で乾きます。
お好みの方法で乾かしたら、次の工程に進みます。


【工程その4:仕上げ】
今回は場所と時間に限りがあるので、屋根のある所で一晩放置して乾燥させました。

水気が抜けてふわっふわしてますね(#^ω^)
というわけで、ここから仕上げとしてウィッグを綺麗に梳かしていくわけですが……

ジャーンジャーンジャーン

げえっ!シリコンスプレー!!(;゚Д゚)

ここで華麗に登場したこいつをウィッグブラシに直接吹きかけて、ウィッグを梳かしていきます。
ウィッグを梳かす時は必ず、少量の毛束を手に取り、毛先から少しづつ梳かしてください。
根元から一気にやろうとしたり、まとめて大量にやろうとすると、かえって悪化します。
毛先から少しづつ。絡まってるところは手でほぐしながら、どうにもならない絡まりは切断して、地道に梳かしていきます。
ちなみに、仔ドラは梳かす時はこのように

自分の前足の上に乗せて……

前足もろとも梳かします。こうすることにより、毛束を固定しつつ毛先を広げながら梳かす事が出来ます。
なお、試しにやってみて、痛いと思ったら無理にやらないでください
仔ドラの強靭な鱗があるからこそ為せる荒業です(「゚Д゚)「

さて、くじけぬこころを装備して少しづつ地道に梳かしていくと……

ここまで綺麗になります(※撮影用に梳かし終わった束を集めています)
全体図で見比べてみると一目瞭然

左半分が梳かし終わった方。右半分はまだ手付かずの部分です。
根気強く仕上げしてあげるとここまで変わります。劇的びふぉーあふたー。
同じ要領で右半分も地道に梳かして、最後に全体を軽く梳かしたものがこちら。

最初とは比べ物にならないぐらい綺麗になりました。これで仕上げは完了です。


【工程その5:使っていただく】
もはや工程ですらない!( ゚Д゚)
まぁせっかく綺麗にしたウィッグを片付けてしまうのももったいないので、サンプルの子に使っていただきました。

うん、撮影時に細かい前髪の跳ねを直すの忘れてたよね!(やらかし)
しかし、手入れしてサラサラヘアーになってるので、直すのは簡単です。心なしか嬉しそうに見えます(錯覚)
なお写真からは伝わりませんが、こちらのウィッグからはシャンプーと柔軟剤の混じったいい香りがします。
汚れを落としウィッグを長持ちさせるのが主目的ではありますが、ウィッグそのものに香りが付くことにより嗅覚からも(ry



というわけで。あれこれネタまみれな上に写真もたくさんあるので、かなりのボリュームになってしまいましたが、いかがだったでしょうか?
柔軟剤を使うことにより、手触り香りがよくなり、ウィッグも長持ちするようになります。
手間と時間のかかる作業ではありますが、一度やっておけばしばらくやらなくても大丈夫な作業でもあります。
視覚に対してアプローチを掛けるアイテムであるウィッグが、嗅覚や触覚にまでアプローチを掛けるアイテムに早変わりするこのお手入れ。
ぜひ一度お試しください(`・ω・´)

それでは、次回のブログをお楽しみに!(「゚Д゚)「

4件のコメント


  • >阿佳(よっちゃんと読んで下さい!)
    毎度コメントありがおーございます(「゚Д゚)「
    いただいたドーナツはスタッフでみんなで分けて、衣装はジェシーに渡しておいたので、そのうち動画やTwitterに上がってくると思います!

    更新やコメント返しなどが他の案件にかまけて滞りがちですが、生暖かく見守って下さるとうれしいです(´・ω・`)

    仔ドラ on

  • Twitter見ました❗
    ハロウィンにちなんで、晶ちゃん、マリンちゃんにブレザーの制服、スタッフさん達に焼きドーナツをプレゼントとして贈りましたが、晶ちゃん、マリンちゃんの二人、制服姿がとても似合っていて、送った甲斐がありました🎵
    ですが、ドーナツはスタッフさんが何人ショールームにいらっしゃるのか分からなくて、10個入りの奴を送り、ドールちゃん2人には、当初、マリンちゃんにセーラー服、晶ちゃんにはいつも金髪ロングの髪になっている印象が強くて、アメリカンスクールの女子高生みたいなへそ出しのセクシーな制服を送ろうと考えていましたが、買ったドン・キホーテの店員さんいわく、在庫が無く、買うことが出来ないという話で妥協案みたいな形でブレザーの制服を買いましたが、どうやら喜んで頂けたようで、良かったです😄
    予定では、来年にショールームへ伺う予定なので、その時はよろしくお願いいたします🙇
    あと、新しい動画や、ホームページのブログの記事もお待ちしています‼️

    阿佳(よっちゃんと読んで下さい!) on

  • YouTubeの動画でもウィッグの洗い方をレクチャーしていましたが、為になりましたね🎵
    (ドールちゃん達のは別に問題はなかったけど、水が濁っていたジェシーさんのウィッグはかなり引きました😨)
    また、動画やブログの新しいアップを楽しみにしています😄

    阿佳(よっちゃんと読んで下さい!) on

  • 為になったねぇ~‼️😆(ってもう中学生か!)
    ぱぺっとピンクさんとか他のドール系のユーチューバーに何回か「ウィッグの洗い方が見たいです‼️」ってコメントを書いていて、音沙汰がないので、不満になっていましたが、やっと、ガッツリとウィッグの洗い方を見る事が出来て良かったです♪
    地元の行き付けのDVDショップでウィッグスタンド(500円や650円と意外と安くてビックリしました‼️)を買ったり、予定では柘植ぐしや前にブログで紹介していたタングルティーザーやシャンプー、コンディショナー、たらい等をドールをお迎えする時に備えて買おうと考えていましたが、準備する物や作業行程がかなりめんどくさいですね😵
    だけど、とても参考になりました🎵

    阿佳(よっちゃんと読んで下さい!) on

コメントを残す