Sino Dollの骨格について

従来のシリコン製ラブドールの可動域は非常に狭く『バンザイ・正座・女の子座り』などのポージングは、シリコンドールでは不可能と言われておりました。
しかしSino Dollでは独自開発した新骨格を用いることで『バンザイ・女の子座り・正座』まで出来る可動域を実現しています。
下の画像はSino Doll本社が公式に出している、骨格可動域の参考画像となります。